結婚したら毎年結婚記念日というものがあります

英語ではウェディング、日本語に訳すと結婚において、結婚(ウェディング)したら毎年結婚記念日というものがあります。結婚記念日を祝うという風習は、明治時代後半になって西欧から入ってきたものです。

明治天皇の「大婚二十五年祝典」がその最初といわれているのです。


一般の家庭において定着したのは戦後になってからのようです。
結婚記念日には、結婚年数に応じて記念日があります。

1年目、紙婚式・2年目、藁婚式・3年目、革婚式、・4年目、花婚式・5年目、木婚式・6年目、鉄婚式・7年目、銅婚式・8年目、ゴム婚式、・9年目、陶器婚式・10年目、錫婚式て・11年目、鋼鉄婚式・12年目、絹婚式・13年目、レース婚式・14年目、象牙婚式・15年目、水晶婚式・20年目、磁器婚式・25年目、銀婚式・35年目、珊瑚婚式・40年目、ルビー婚式・45年目、サファイア婚式・50年目、金婚式・55年目、エメラルド婚式、・60年目、ダイヤモンド婚式と各記念日においてきちんとした意味があるのです。

例えば1年目の紙婚式は白紙の状態から将来の夢を願いますや3年目の革婚式はそろそろ倦怠期です。


なので革のように粘り強くという意味で付けられたものや20年目の磁器婚式は年代と共に値打ちが増す磁器のような夫婦になりますように、また25年目の銀婚式は結婚生活の一区切りでいぶし銀の美しさのようです、そして50年目の金婚式は金色の輝きを得たという豊かさでといった意味で大きな記念日となっているのです。

最近、日本でも外国人をパートナーに選ぶ国際結婚が増えています。


国際結婚と聞くと、多くの人は最初驚かれ、そして大変興味深げな表情をされます。


と同時に、国際結婚って難しいんじゃないか、うまくいかないんじゃないか、苦労がありそうといったイメージを持たれることが多いのも事実です。


実際私も国際結婚をしている一人ですが、今までに多くの周りの人達からそのような質問をされました。違う国で、全く違った文化や風習の中でそだってきた二人ですから、お互いの価値観の違いで喧嘩になることもあります。

しかし、それは同じ日本人同士の結婚であっても行き違う感情が生じるのと何ら変わりのないものです。

一人の人を好きになり、そして一生を共に過ごしたいと思った相手がたまたま外国人だったのです。
国際結婚をするとお互いの異文化の違いを目にしますが、日本人同士のカップルならなんでもないことが、今までに想像し得なかったような受け止め方をする相手に、毎回驚かされ楽しいものです。


たとえば、私たちの場合ですと、家の中に靴のままで入る彼の国の習慣に驚き、彼の方は麺類を音を立ててすすることは食事のマナーとして何も悪くないとする日本人に驚きますし、奥の深いところでは、日本人は言葉に表さなきても気持ちを伝えようとしますが、彼の国の人たちは自己主張が当たり前の社会性があります。

よって愛情表現にもお互いの違いが出てきます。

そのようなお互いの違いを、両方がうまく受け止め、そして受け入れることは必要です。

こういうふうに書くと、国際結婚をしたらこれを常に心に持って毎日を過ごさなければならないのかと思われるかもしれませんが、実際国際結婚はそんなに難しいものではないと言えます。
日本人同士の結婚と同様、お互いに惹かれあい、愛し合って結婚したのですから、二人で協力し合って共に歩んでいけます。

国際結婚って、人生で予想しなかったような視野を開けさせてくれるものです。

パソコン教室に関する情報を紹介するサイトです。

パソコンの初心者に有効な情報の紹介です。

チャイルド・ケアライセンスの合格率の情報が揃っています。

お客様に相応しい合宿免許の山形サイト利用者からとても評判です。

javaの通信講座の情報をお届けします。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/suzukitakahiro/20160319-00055615/

http://matome.naver.jp/odai/2146140275395307901

http://jp.reuters.com/article/sharapova-2-year-ban-idJPKCN0YV032

関連リンク

国際結婚のメリットについて

国際結婚とは異なる国の出身者同士での結婚を言います。現在この国際結婚は増えており、日本の結婚総数の約20分の1近くが国際結婚だと言われています。...

more

白いウエディングドレスは結婚の意思表明

50歳前の私が幼稚園の頃は、将来何になりたいかという質問に、お嫁さんと答える人が実に多かったのです。幼稚園で生徒全員の椅子を大きな輪の形に並べ、一人一人何になりたいかを立って答えないといけない事がありました。...

more
top