リゾートウェディング

リゾートウェディングとは、リゾート地で行う結婚式のことを指し、近年増加傾向にあります。
特徴としては、日帰りのものから、新婚旅行も兼ねてリゾート地でゆっくりと滞在するものなどさまざまなスタイルがあり、業界や、旅行業界が個性的なプランを提供しています。

人気が高まっている理由には、自然や特別なシチュエーションの中で挙式をしたいという希望や、伝統的な結婚式や一般的な結婚式とは異なる個性的な挙式をしたいというカップルが増えたことが背景にあります。
会場としては、国内・海外とどちらも人気があり、国内リゾートでの挙式は、パスポートの準備が不要である点、言葉の心配が必要ないという点が海外での挙式とは異なる最大のポイントです。


国内リゾートでの挙式の魅力は主に3つあります。

1つは、結婚式の前の下見や打ち合わせなどを手軽に行うことができるという点です。

2つ目は、日帰りで挙式を行うこともできるため、主催者側であるカップルと参加者にとって日程を合わせやすくすることができます。



そのため、カップルの家族や親せきだけでなく、仕事で忙しい友人や同僚などを呼びやすく、にぎやかな結婚式にすることができます。

また、参加者にも手軽にリゾート気分を味わってもらうことができ流転も魅力です。



3つ目は、魅力的な会場やプランが国内の様々な場所に増えてきているという点です。


これにより、さらに国内リゾートウェディングの需要が増えることが予想されます。一方で海外リゾートウェディングの最大の魅力は、非日常であるということです。
また、結婚式に新婚旅行を兼ねていることから費用の節約にもなります。



そのため、結婚式と新婚旅行のどちらも楽しみたいがコストを抑えたいというカップルに人気があります。

チャペルウェディングとは、キリスト教のチャペル、すなわち礼拝堂での結婚式やそれを模した結婚式のことを指します。


本来、チャペルとは、ホテル・病院・学校・個人所有の礼拝堂で、信者が集まって祈りをささげる場所のことです。

基本的には、チャペルで結婚式を行う場合、派遣牧師が来て、司式を執り行います。
結婚式場やホテルに併設されている挙式上はチャペルと呼びます。



本来、チャペルは誰にでもお祈りできる解放された場所ではありますが、式場やホテルのチャペルは挙式専門の場合が多く、勝手に入ることはできません。一方で、チャペルとよく似通った意味を持つチャーチとは、牧師や神父が常駐し、信者のための礼拝が毎週行われているパブリックな教会のことを指します。



チャーチで結婚式を行う場合、信者のみであったり、結婚講座を受ける場合があります。



通常、日曜日は礼拝があるため、原則的には結婚式で利用することはできません。

このように、チャーチでの挙式は限定的な場合や条件が厳しい場合が多いため、無宗教者やより開放的な結婚式を望む人には、チャペルでの結婚式がおすすめです。チャペルウェディングであれば、信者でなくともだれでも結婚式を挙げることができます。一般的に、日本のチャペルが立っている場所は、海辺であったり、自然の中やガラス張りの建物出会ったりと周辺の環境や建物自体も特徴的なものになっていることがほとんどです。



例えば、独立型といわれるチャペルでは、バージンロードが比較的長いことが特徴であるため、より長くゲストにウェディング姿を披露することができます。



また、自然の中に建てられたチャペルでは、四季折々のロケーションを楽しみながら挙式することができます。

関連リンク

ウェディングドレスに関して

挙式の時に新婦が着るウェディングドレスも、時代により流行るデザインも変わります。30年程前のドレスのデザインに見られるのは、デコルテ部分が詰まっており、袖付き、ハイウエスト切り替え、総レースといった特徴です。...

more

結婚(ウェディング)を決めるのに大切な事とは

相手に気持ちがない場合、好きなところよりも嫌いなことの方が多く目につくものです。付き合っている人の好きな所は、嫌いな所より多いですか。...

more
top