ウェディングドレスに関して

挙式の時に新婦が着るウェディングドレスも、時代により流行るデザインも変わります。

30年程前のドレスのデザインに見られるのは、デコルテ部分が詰まっており、袖付き、ハイウエスト切り替え、総レースといった特徴です。



近年のウェディングドレスは、以前に比べ、デコルテ部分や、袖部分に於いて、露出部分が増えている傾向にあります。

また素材も以前は総レースが多かったようですが、今ではレースは部分的使用をしているドレスが多く見られます。

また、近年のドレスは、Aライン、マーメイド、プリンセス、エンパイア、スレンダー、ミニドレス等、形の種類も豊富になっており、自分の体形の悩みあった形のドレスを選ぶことが可能になっています。



一生で一度の挙式ですから、素敵なドレスを着たいという女性も多いです。



中には、お母様が結婚式で着ていたウェディングドレスを自分も着たいという願いの女性や、娘に自分が着たドレスを着てほしいという願いを持ったお母様も増加しており、ウェディングドレスのリメイク、リフォームは最近では多く見られます。

リメイク、リフォームの費用も、お店によればレンタルドレスと大差ない値段で可能なところもあるので、お母様のドレスを完璧に自分好みのドレスにリメイクして大切な日を迎えることが流行るのも無理もないことです。



自分に一番合った方法で最高のドレスを用意することで、一生忘れることのない大切な記念日となります。

ウェディングドレス事情は時代と共に進化していっています。エステサロンが提供するウェディングエステの中には、ウェディング前日の1日だけのコースというのもあります。たった1日なので、施術内容としては、ウェディングドレス着用時に露出するところのむだ毛のシェービングや、マッサージなどのケアに限られてしまいます。


この1日ウェディングエステのメリットとデメリットは、何でしょうか?メリットは2つあります。

1つ目は、たった1日のエステなので、仕事などでいそがしい方にとっては、非常に便利なこと、です。
ポイントを絞ってエステができるのと、リラックスしておこなえます。



2つ目は、1日だけなので、当然ながら、費用が安いこと、です。

一生に一度なので、憧れのエステサロンで思い切って施術を受けるということもできます。



一方、デメリットは2つあります。1つ目は、1日だけのケアなので、完璧なケアというのは望めないことです。

痩身コースは1日ではおこなえません。2つ目は、エステで用いる薬剤や化粧品の成分が自分の肌に合わない場合があること、です。



そのような場合は、お肌が荒れたりした状態(完璧ではない状態)で、結婚式に臨むことにもなりかねません。

予め、エステの施術を受けた経験のある人なら、こう言った事は無いかもしれません。



しかし、初めてエステを受ける人の場合、そういったリスクもあるので、直前1日のブライダルエステは避け、一般的な3か月や半年のコースを受けた方がよいかもしれません。

関連リンク

ウェディングドレスに関して

挙式の時に新婦が着るウェディングドレスも、時代により流行るデザインも変わります。30年程前のドレスのデザインに見られるのは、デコルテ部分が詰まっており、袖付き、ハイウエスト切り替え、総レースといった特徴です。...

more

結婚(ウェディング)を決めるのに大切な事とは

相手に気持ちがない場合、好きなところよりも嫌いなことの方が多く目につくものです。付き合っている人の好きな所は、嫌いな所より多いですか。...

more
top