結婚式の流行スタイルの変遷

人生において、一般の人が自分が主役となり脚光を浴びる機会はそれほど多くはありません。


そのようなイベントの中でも、もっとも輝かしいものといえるのが、結婚式です。



この結婚式も、時代によってスタイルが大きく変わっています。バブル景気の頃は、派手な演出が好まれました。



もともと、日本人は神前式がほとんどであったものが、この頃から教会式が流行し始め、今でも教会でキリスト教式の結婚式を挙げる人は多くいます。

結婚式、厳密には結婚披露宴での演出も、バブル景気の時代にさまざなものが作り出されました。
また、芸能人の結婚式がテレビで中継されたり、それまでの時代以上にイベント性の高いものへと変わっていきました。

しかし、不況の時代になると、それまでの派手なものから、地味な結婚式への流行が移りました。

同時に、披露宴会場も結婚式場やホテル中心であったものが、レストランウエディングが流行するようになりました。



この流れに乗って、披露宴での利用を想定したレストランが多く作られるようになりました。



また、レストランウエディングが定着してくると、今度は貸切で一日一軒、つまり自分たちの結婚式しか行われないような仕組みの会場も増えてきました。こうなると、一般的な式場やホテルで披露宴を開くことと比べても、費用面では大差がない状態となってきます。

それでも、レストランウエディングが増えている理由としては、何組もの披露宴が同時におこなわれる場所よりも、より自分たちらしく披露宴ができるという、人とは違う自分らしさを求める時代の流れも影響しています。
また、費用を抑えて披露宴をおこなう、という流れも強くあります。
そのような会場を専門に紹介するインターネットのサイトや紹介会社も多くあります。
いずれにしても、披露宴は本来は、招待客に自分たちの結婚を報告し、もてなすということに基本的な意味があります。

そのことを忘れ、自分たちのこだわりを出しすぎても、決していい披露宴とはなりません。何のために結婚式をするのかということを自分たちなりにしっかりと考えるということも重要であり、またそのような考えかたは現在の流行のなかにあるといえます。


結婚を決めた時に次に考えるのは結婚式(ウェディング)を挙げるお金を用意しなければということだと思います。

結婚式(ウェディング)にかかるお金は、挙式・披露宴以外にもたくさんあります。

いざという時慌てないためにも、何にどれくらいかかるのかというのをチェックしておきましょう。実際何にどのくらい費用がかかるのかというと結納平均費用:15万5千円顔合わせ平均費用:6万4千円婚約指輪平均費用:36万円結婚指輪平均費用:22万5千円で平均額を足すと、合計80万4千円もかかります。
結婚式(ウェディング)前にも、大体これだけの費用がかかるのです。
結納はやらずに顔合わせだけ行うケースもあるので、そこは両親やパートナーと相談しましょう。

また挙式・披露宴にかかるおカネの相場は最も多いのは300〜400万円未満でこれは全体の30.9%を占めるそうです。
次いで400〜500万円未満が21.8%を占め、300〜500万円あたりがボリュームゾーンなのです。


基本的に挙式には人を呼べば呼ぶほど、負担が減ります。


式場という場所代は変わらないからです。ご祝儀でまかなえる金額を考えつつ、式場は慎重に選びましょう。



また結婚式後にかかるお金はまず新婚旅行大です。


新婚旅行の相場は55万6千円くらいだそうです。

これとは別に、新婚旅行のお土産が平均10万7千円で合計66万3千円です。
結婚式でお世話になった方などへのお土産代も忘れずに計算しておきましょう。



また新居に引越しをして新生活を始める場合、引越し代金・家具・家電・寝具・敷金・礼金などの費用がかかります。



一から揃えると大体100万?150万円ほどは必要になってきます。結婚式は二人の生活のスタートです。結婚式ばかりに目をとらわれず、二人の生活にも目を向けておきたいところです。



一番大切なのは、結婚後の二人の生活だからです。

関連リンク

ウェディングドレスに関して

挙式の時に新婦が着るウェディングドレスも、時代により流行るデザインも変わります。30年程前のドレスのデザインに見られるのは、デコルテ部分が詰まっており、袖付き、ハイウエスト切り替え、総レースといった特徴です。...

more

結婚(ウェディング)を決めるのに大切な事とは

相手に気持ちがない場合、好きなところよりも嫌いなことの方が多く目につくものです。付き合っている人の好きな所は、嫌いな所より多いですか。...

more
top