ウェディングにおける昨今の仲人事情

以前はウェディングといえば仲人を立てるのが当たり前でしたが、最近はむしろ仲人を立てるカップルはかなり少数派になってきており、全体の1%と言われるまでになっています。
そもそも仲人とは見合い結婚の際に両家の間を取り持つ役割として始まったものであり、昨今の恋愛結婚の多いウェディング事情にはなかなかないことです。恋愛結婚でも、挙式の日にのみ仲人を務める「頼まれ仲人」というのも以前は多くありましたが、昨今では堅苦しいことを避けたい、そもそも立てるメリットを感じないカップルが増えており、ウェディングで仲人を見かけることはめっきり減りました。
仲人を立てるメリットには、両家の間で問題が起こった時やウェディングの進行等で意見が分かれた時に第三者の視点から意見をし、対立を避けるというものがあります。
実際、古いしきたりなどの色濃く残る地域の家庭などでは、ウェディングにもそれぞれ代々のこだわりや決まりがある場合があり、対立が起こる可能性があります。

そういった家庭と婚姻をする場合は、確認して仲人を立てる必要があります。


ですが、挙式当日の「頼まれ仲人」に関しては、このようなメリットが当てはまるとは言えません。

反対に、デメリットとしては、金銭的なものが挙げられます。

仲人には一般的に10万円以上を目安として謝礼を支払う必要があります。

また、挙式以降も盆暮れの挨拶には必ず贈り物をしなければなりません。
それを手間に感じるようでしたら、仲人を立てる必要はないでしょう。ウェディングエステの料金の相場についてですが、ウェディングエステの料金は、エステサロンに直に問い合わせたりすることで、料金の相場をある程度知ることができます。例えば、一般的な3ヶ月コースでは、10万円前後である場合が多いようです。


1回では効果が出ないところを何回かおこなうプランです。
また、結婚式前の1日コースなら、数万円です。


美白・保湿を中心に美白ケアをおこないます。

ポイントを絞って行えます。


また、1〜2ヶ月コースですと5〜8万円が相場と言われています。数回通い、顔やボディの一通りのケアができます。


一方、6ヶ月〜1年という長期で念入りに全身をケアするコースの場合、50〜100万円近くかかったりします。
肌ケアだけでなく、痩身も半年から1年という長期間かけておこないます。

このように、ブライダルエステの料金の相場は、期間や内容によって、違って来ます。
もし、ブライダルエステの料金が、自分の予算を超えているなら、自分に必要な施術内容に絞ってもらうことで、金額を低めにすることもできるでしょう。
ところで、さまざまな単品エステメニューを組み合わせるよりも、標準的に設定されたウェディングエステコースの方が、割安感があります。

しかし、ウェディングエステコースの中に、自分にとって不要な施術が含まれている場合は、交渉してみた方が良いでしょう。
金額の調整ができるかもしれません。こんなに集中したエステが不要という方には、ポイントポイントで絞ったメニューも用意されています。

















関連リンク

ウェディングドレスに関して

挙式の時に新婦が着るウェディングドレスも、時代により流行るデザインも変わります。30年程前のドレスのデザインに見られるのは、デコルテ部分が詰まっており、袖付き、ハイウエスト切り替え、総レースといった特徴です。...

more

結婚(ウェディング)を決めるのに大切な事とは

相手に気持ちがない場合、好きなところよりも嫌いなことの方が多く目につくものです。付き合っている人の好きな所は、嫌いな所より多いですか。...

more
top